インターネットバンキングとは

インターネットバンキングとは、その名の通り、パソコンや携帯などからインターネットを利用した、金融機関のサービスシステムのことです。パソコンや携帯の普及で、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などのメガバンクをはじめ、都市銀行から地方銀行のほとんどがインターネットバンキングサービス行っています。例えば三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングだったら「三菱東京UFJダイレクト」、三井住友銀行のインターネットバンキングは「SMBCダイレクト」、横浜銀行だったら「<はまぎん>マイダイレクト」と、みんな「ダイレクト」と名前を付けているところが多いですね。このサービスを利用するには銀行に改めて申し込まなくてはいけません。すでに銀行に口座がある場合は、簡単な手続きですぐに取引ができるようになります。

インターネットバンキングと似ていて間違いやすい言葉として、「ネットバンク(ネット専用銀行)」があります。こちらは実際の店舗を持たないで、インターネット上にバーチャルな銀行を作り、各種サービスを提供している銀行の事です。ネット上の銀行ですから、通帳は発行されません。パソコンや携帯の画面上で残高などの確認を行います。最近ではソニー銀行や住信SBIネット銀行、コンビニエンスストアのセブンイレブンにATMを置いているセブン銀行など、すっかりおなじみです。普通の銀行のインターネットバンキングサービスと、ネットバンクの違いは、大きくは実際の店舗を持っているかどうかです。

「インターネット支店」というものがあります。これはまさしくインターネット上の支店です。支店としての店舗はありません。銀行は通常大きな都市に本店があり、その周辺の町や地方の町に支店がありますね。それと同じように、銀行のインターネット専業の支店です。店舗タイプの本店や支店とは少し違って、ネット支店独自のサービスだったりします。店舗や通帳を発行しない代わりに、例えば金利が高いとか手数料が安かったりします。銀行のネット支店は、最近のネット専用銀行の人気に対抗して作られた、といわれています。

インターネットバンキングサービスを利用すると、自宅のパソコンや出先で携帯を使って、記帳することなく残高や入出金の確認をしたり、振込みや定期預金の申し込みなどができます。また窓口やATMでの振込みよりも手数料が安いのもメリットのひとつです。

インターネットバンキングの申し込みをすると、本人確認用のIDやパスワードが設定されますが、このIDやパスワードを忘れてしまうと、取引ができなくなってしまいます。自分の口座を画面に表示することすら出来なくなってしまうのです。ネット専業銀行と取引している場合は、再発行してもらうまでお手上げです。その点、普通の銀行のネットバンキングを利用している時は、窓口や通帳も利用できるので、慌てなくて済みます。便利なだけに、そのデメリットも十分に認識しておかなければならないでしょう。